AEDが使えるようになって20周年

あって当たり前から
当たり前に使用するものに

運営団体:AED20周年記念企画実行委員会

news

突然の心停止からの救命にはAEDによる迅速な電気ショックが不可欠です。
多くの市民がAEDという言葉を知り、街中に多くのAEDを見かけるようになりました。

しかし、いまだに倒れるところを目撃された心停止の方に対して
AEDを使って電気ショックがなされる割合はわずか4%に過ぎません。
AEDが現場にあれば、AEDが電気ショックの必要性を判断し、救命処置をサポートしてくれます。

もっと多くのケースにAEDが使用され、もっと多くの命が救われる社会を目指して。
単なる知識ではなく、救命のための行動を起こすことの大切さをみんなで考え、広げるために。

history

AEDが私たち市民へ使用解禁されてから20年。この20年で、AEDは身近な「設置されていて当たり前なもの」となりました。次の10年では、AEDが私たちにとって「いざというとき、当たり前に使用するもの」となるために。
ぜひ、AEDのことを知ってください。

event

  • 記念シンポジウム

    くわしく見る

about aed

突然の心停止(心臓突然死)から命を救うための器械です。けいれんをおこした心臓に電気ショックを与えて、正常な状態に戻します。操作は音声ガイダンスにより指示され、電気ショックが必要かどうかもAEDが判断します。正常な心臓には電気ショックは与えられません。専門知識がない方でも安心してお使いいただけます。

learn aed

本サイトをご覧になって「AEDの使い方を知りたい」「講習を受けたい」と思った方は、ぜひお手持ちのパソコンやスマートフォンから検索してみてください。

  • AEDの
    使い方を知りたい

  • AEDの
    講習を受けたい

  • AEDの
    場所を知りたい

スポンサー

50音順

プラチナスポンサー

  • 旭化成ゾールメディカル(株)
  • SECOM
  • 日本光電工業(株)

ゴールドスポンサー

  • オムロンヘルスケア
  • 株式会社フィリップス
  • フクダ電子(株)

シルバースポンサー

  • 株式会社CU
  • 日本ストライカー(株)
  • 日本ライフライン(株)

協力スポンサー

  • 株式会社クオリティ
  • 株式会社三和製作所
  • 東洋物産株式会社PCTB東洋物産株式会社SP

協力団体

50音順

  • JEITA 一般社団法人電子情報技術産業協会
  • 日本AED財団
  • 日本救急医療財団
  • 日本循環器協会
  • 日本心臓財団
  • 日本蘇生協議会

後援

  • 総務省消防庁

contact

本プロジェクトへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ